整骨院でも交通事故(自賠責)での施術は可能です

学園都市鍼灸整骨院は厚生労働省の認可を受けている施術者が在籍していますので、学園都市鍼灸整骨院でも保険(任意保険・自賠責保険)にて治療を受けていただくことが可能です。
また、現在通院中の整形外科や他の整骨院からの転院も可能です(ご相談お受けいたします)。
転院手続きのお手伝いもしておりますので、他院で改善しなかった方もスタッフまでお気軽にご相談下さい。

※但し当院に来ていただく前に、
  一度は整形外科でみていただくことをおすすめします (診断書をご持参ください)

交通事故にあわれた方に気を付けて欲しいこと

1、その場を動かずに警察を呼びましょう。 

事故証明は治療に必要なだけでなく、損害保険の請求や慰謝料の算定にもかならず必要です(人身傷害)。
相手が警察を呼ぶのを嫌い示談を持ちかけてきても状況が分からないうちは絶対に了解してはいけません。(いったん示談が成立するとその後の請求権が消滅します )。

2.そのあとご自身の加入されている保険会社に連絡しましょう。

保険会社は事故の処理のプロです。ご自身が被害者の場合では積極的に事故処理には関与はしてくれませんが、必要な手続きは教えてくれますのであなたにとっていいアドバイスをしてくれます。

3.そのまま病院にいきましょう。

その時には感じていなかったのもが後から痛みが発生することがよくあります。それに加え頭部(脳)の障害が後から現れる場合があります。
勝手な自己判断せず、病院での診断をまず受けておきましょう。
その際には気になる症状はすべて話しておくと良いでしょう。

後から出た症状でも一度診断を受けておくと追加できます。

交通事故むちうち(頸椎捻挫)

●むちうち症ってどんもの?

交通事故によるケガには、主に打撲、捻挫、骨折があります。その中で交通事故に関係する一番有名なものは「むちうち」と呼ばれるものです。これにはあとでお話ししますが損害賠償に絡むことが多いものでもあります。

「むちうち」は俗称と呼ばれ正式な呼び名ではありません。正式には「外傷性頚部症候群」あるいは「頚部捻挫」という診断で呼ばれます。

衝突時に首が前後にしなることで、その中を走る神経に何らかの損傷が発生し、痛みを出している状態です。首がしなることでそう呼ばれているという説と昔馬を鞭でたたくとびっくりして急に動くためその時に良く発生したためそう呼ばれるようになったという説があります。

●むちうちが起こった時の首の動き

「むちうち」の発生には

①追突によるもの(約90%)②側面衝突によるもの③正面衝突によるもの(オフセット衝突)の3タイプに分類されます。人間の首の可動域は一般的に前後方向へは60度とされています。その運動範囲を超えたものは当然ですが、その範囲内でも瞬間的な頭部の動きにより痛みを発生する場合があります。周囲の組織(骨・軟部組織)が圧迫されたり引っ張ったりされ、部分断裂を起こしたり、つぶれたり、切れたりします。

 筋肉は通常危険を予測した時に力が入ります。しかし後方からの追突の場合は全く衝突を予測していない状態、つまり首の筋肉が防御できない状態で衝撃が加わるので対して大きな衝撃でなくても発生しやすくなります。頭はまず後ろに、そのあと前に動くことになります。

側面衝突の場合の頭部は、衝撃を受けた側(右からの衝突であれば右側)に曲げられそのあと反対に曲げられます。しかし肩があるためそれが緩衝物となりそれ以上動くことは少ないと考えられています。真後ろおよび真正面が少ないことを考えると側面における動きが少なからず他のタイプに複合することが多いと考えます。

人は正面などから物体が飛んでくると危険を感じ完全な正面で受けることは少なくなります。ですから車の衝突の場合、特殊な場合を除きほとんどがオフセット衝突といわれるもので真正面からの衝突より、左・右どちらかに少しズレた状態の衝突が大部分になります。正面衝突の場合栗間は前面のバンパーを含めフロント全体で衝撃を吸収できますが、オフセット衝突では前面の左・右どちらかに衝撃が集中することになるため、衝撃は大きくなるといわれています。

事故の際の首の動きより想像できることとして、一つに首を伸ばした時に伸ばした部分が痛いようですと筋肉・靭帯が損傷していると考えることができます、次に首を伸ばしたり、曲げたことで反対側が痛い場合は骨・関節に異常があると推測できます。

 

むちうち(頸椎捻挫)の分類

「むちうち」の分類

むちうちは当院では5つの分類に分けて判断しています。

それぞれ似た症状を伴いますが、治療法は少しづつ異なります。一般的に「頸椎捻挫」が一番軽いとされていますが、難治性のものもありそうとばかりは言えません。

  • 頸椎捻挫型

「むちうち」の中で一番多くみられるものです。約7080%を占めるといわれています。首と骨の骨との間の軟部組織(筋肉・靭帯・関節包など)が部分断裂をおこしたり炎症をこしたりするものです。

  • バレ・リュー型

バレ・リュー症候群ともいわれるもので首の痛みとともに目や耳、動悸を打つなどの症状を伴うタイプです。これは後頸部交感神経の刺激症状としておこるものとされます(自律神経の一種)。他覚的所見は乏しく自覚的な部分が主になります。

  • 神経根型

脊髄から末梢に向かう神経の束になっている部分の損傷です。神経根は椎間孔と呼ばれる神経の通り道を通過しますがそこでの圧迫などが原因と考えられています。検査により異常が見つかることが多いのもこのタイプです。

  • 脊髄型

首の骨の骨折や脱臼に合併するものがこのタイプです。通常、基礎疾患がある場合にそこに衝撃が加わることで発生します。リウマチ、骨粗鬆症、後縦靭帯骨化症などが基礎疾患となる場合が多いです。

  • 脳脊髄液減少型

低髄液圧症候群とも言われ、脳と頭蓋骨の間を満たしている脳脊髄液が漏れだすことで様々な症状を出すタイプです。むちうち症状の遷延化・長期化がある場合などに疑ってみるのもいいかもしれません。慢性的な頭痛、集中力の低下、めまいが強く現れます。

 

交通事故(むちうち・頸椎捻挫) 施術例

l  神戸市伊川谷町前開にお住いのAさん(むち打ち、腰部捻挫、左上腕部挫傷)

 

雨が降った日で、少し視界が悪い日のこと仕事で営業中に事故に会いました。相手方がセンタラインを越えてきたことで、車の前の部分で衝突しました。相手方も仕事中のサラリーマンであったそうです。すぐに病院へ行き、ついた診断は頸部捻挫(むちうち)、腰部捻挫、左上腕上部挫傷(肉離れ)でした。初回の時は、とにかく首が痛くてね違ったような痛みだといわれていました。ご家族がご来院されていたことですぐにこちらに転医してきましたので処置が早くすることができ、3回目~4回目で大きな痛みが3割程度楽になられました。2か月目にはほぼ5割程度まで改善されていました。そこから施術終了まで2か月程度で完全によくなられました。

 

l  神戸市垂水区本多聞にお住いのAさん(むち打ち、腰部捻挫、右足関節捻挫、右ひじ関節捻挫)

 

お仕事で新聞配達中にバイクで事故に会われました。車による巻き込みで診断として頸椎捻挫、腰部挫傷、右足関節捻挫、右肘関節捻挫ということでした。1年ほど前に事故をされていたようで、保険会社さんからわざと事故したんじゃないかと疑うような質問もされたようでかなり保険会社さんの対応に怒っておられました。1か月終了時点で足関節捻挫と、右 肘関節捻挫は改善されました。首の痛みの鈍いものが続いたため終了まで4か月かかりました。

 

l  神戸市西区神出町にお住いのAさん(むちうち、鎖骨骨折)

 

信号のない交差点で直進するためいったん停止をして、交差点に進入したところ大きな道路側から来た、車と交差点内で衝突しました。保険会社さんからは82でこちらの方が悪いということを言われたようです。過失割合はなかなか素人ではわかりにくいと考えがちですが①車の位置関係からくるシチュエーションからくるものが大部分で②それに過失と思われる事項を加えて出来上がります。ですからこの場合こちらが細い路地から出てきたという点(相手がたの道が優先)、いったん停止線があることからどうしてもこちらが不利なケースと考えられました。施術はご本人の健康保険をベースに進めていきました。