むちうちの治療方針を立てるために

【発生機序および疾患について】

 

交通事故のケガに多い疾患です。事故の際の衝撃で頭部に大きな力が働き、頚椎が過度に前後・左右などに伸展・屈曲などを強制されることにより発生します。その際に脊柱の骨や靭帯まで損傷するケースは稀で、その多くは筋肉や神経の損傷にとどまります。

 

痛みは頚部から肩にかけての範囲で起こることが多く、運動時だけでなく安静時まで感じることが多く、一定の方向に首を動かすことで痛みがさらに増強します。付随する症状としてめまいや頭痛、しびれを伴うことが多く、そのためか痛みによる不眠や精神不安なども多いようです。損傷の強い場合(靭帯などの損傷を伴う)や急性期で炎症所見が見られる場合などでは頚椎のカラーによる固定が行われることが多いです。

 

【むちうちの評価と経過】

 

むち打ち損傷の場合は頚椎から胸椎の筋肉・筋線維損傷を伴うことが多いのですが、深部の小さな筋肉を損傷している場合や微小な神経損傷などの場合には、皮膚表面には明らかな炎症がみられないために検査上は異常なしと医師から言われてしまうことも多いようです。

 

頚部・肩甲骨周囲筋に明らかな炎症を生じている場合などは神経が過敏になっており頸部肩部に痛みが限局している場合と比べて痛みが強いことが多く、この場合入院が必要になるケースも見られます。

 

この様に強い痛みの場合は筋損傷に伴い損傷部および周囲に炎症が起きて痛みによる反射が亢進し過剰な筋緊張が存在します。急性期の場合はこの筋肉の過緊張を改善しようとマッサージなどをすると痛みがかえって増強します、また施術者の力量不足によりマッサージの押圧が適切でないと損傷部位の筋線維をさらに損傷させる結果ともなります。炎症期以降の損傷部は筋緊張が徐々に低下していく傾向にあります。急性期から変化していく体の状態を知りその時に温熱と可能な範囲で早期から首を動かしておくことがコツになります。

 

筋肉に明らかな炎症所見が見られる方はその炎症の改善には約1か月ほどを要すると思いますので、運動後に痛みが増強しない範囲での軽めのストレッチや負荷を使わない運動を入れていくこともいいでしょう。というのもせっかく痛みが改善しているにもかかわらず、痛みが消失した時に廃用性の筋萎縮や関節可動域の低下が強いと、その改善にまたかなり時間をかけなければなりません。

 

上記の様な急性期は炎症がある以上は炎症物質が痛みの原因ですから、これを改善するためには安静とアイシングが必要であり、それでも改善しない場合には病院での薬の処方が必要であると考えます。急性期の状態の無理な治療は注意が必要です。

 

逆に明らかな炎症所見が無いのだけれど痛みを感じている方も多くいらっしゃいます。事故当日は「別になんともなかった」とか「違和感程度で、ちょっと気になる感じはしたが明確に痛みはでなかった」などと訴える方がこの場合多いです。事故より約2週間が経過していく中で、事故より日を追うごとに痛みが増強してきたため病院受診されるというケースですがあまり多くありません。

 

この様に事故後の時間経過に伴う痛み増強には、頚部・肩甲骨周囲筋の深部の小さな損傷が原因となっています。小さな損傷による痛みでいらない神経の反射が亢進し、そのため筋肉の過緊張を起こした結果の痛み増強が多いようです。炎症ではなく過剰な筋緊張が痛みの原因です。

 

この場合は筋肉の過緊張の軽減が第一目的になってきます、小さい範囲での損傷(圧痛のある場所)が筋肉内にはこの場合存在していますから、少し筋緊張を軽減しても日常生活を送る以上は精神や身体的疲労が重なり神経反射は亢進しやすい状況です。痛みは繰りかえされやすい状況です。通常、痛みは突然消えることはなく、少しずつゆっくりと薄皮をはぐように軽減していくという経過が一般的です。

 

初期は緊張の軽減に重点をおき、その後は筋肉のパフォーマンス向上を中心とした施術に重点をおいたリハビリに転換していくことが重要です。